2009年06月27日


某公園へ蛍を見に。
こちらは蚊帳の中に入るタイプじゃなさそうなので、蛍の乱舞を期待。
ですが実際は、そんなに飛んでおりませんでした。
でもまぁ外を飛んでるのを見れたので良しとしよう。
P6271593.jpg
P6271597.jpg

この蚊帳状の中にたくさん居ます。
てっきりこれが開放されるのかと思った。
P6271589.jpg

それにしても竹の柵に昇ろうとするガキンチョが鬱陶しかった、遊具と勘違いしているのか。
こういうガキンチョには、アマチュアカメラマンのおやじに叱ってもらうのが良いんだよな(シャッターチャンスを邪魔するものには容赦が無い)。

蛍を見るのも、ほんとに大変になったんだなぁ。
そういや、以前、深夜に蛍がいるかと人気の無い田んぼに行ってみたのですが、全く居ませんでした、ガックリ。
posted by 妖怪尽くし at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

トロル来襲


トロル大量発生。
DSC03438.jpg
DSC03439.jpg
また要らんものを買ってしまった!

この人形、一瞬、日本で流行らそうとした気がしないでもないが、全く流行らなかった一品ですな。
私は、こういう癖やアクのあるの好きです(だから妖怪が好きなのですが)。
一部、キーホルダーになっているものがあるのが気に入らない、そんな機能は要らないのだよ。
それと同じで、貯金箱とかなっているのも嫌。
そんなん買ってどうするの?誰得?ってのが好きなのだ。

◆妖怪散歩

やっと購入。

◆けいおん最終回
えがった。
ささやかな日常。
何気ない日常でも、ちょっと視点を変えれば、とても輝く。
私の好きな邦画のパターンやね。
ささいな事で喜べるって素敵なことですやん。

こんな感じの回の積み重ねがあれば、いざライブとなった際、もっと映えるのであろう。
地味な練習があれば、晴れの舞台でもっと輝く。
1クールじゃ短い。
1クールだからこそ一挙手一投足、丁寧に描けたのかもしれませんが。

というか僕はムギさんに恋をしてしまったようです(ボカッ!

マンボウの真似ってなんだよ、可愛いじゃないか。

◆夏のあらし
地味に良作。
posted by 妖怪尽くし at 17:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

児泣き石


中学生の時に作った児泣き爺。
DSC03416.jpg
DSC03434.jpg
児泣き爺をチョイスする俺って一体…。

◆「現代アートビジネス 小山登美夫」読了

アートビジネスは、作品に対する愛だなんだって言ったって、結局は、作品そのものよりも、それ以外の付加価値が大きい気がするぞなもし。
買う人は、結局、富裕層、一枚、ウン十万とかウン百万とか、海外の金持ちだと税金対策もあるだろう。
日本でも美術作品が税金の面で優遇されれば買う金持ちも増えるでしょう。

そば一杯の値段で庶民が親しむ浮世絵は、浮世絵自体のクオリティーも凄かったし、一枚絵で楽しむというのは、文化的にも凄かったなと思う。

◆昼食
とんかつ。
DSC02603.jpg
んまい。
いつも思うけど、これで800円は納得、逆に安かったら怪しい。

◆CDケース100枚

購入。
posted by 妖怪尽くし at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする