2009年06月03日

浄化槽ブロワの異音


隣の会社(プレハブ)の横に設置された浄化槽のブロワから異音が聞こえる。
特に夜になって辺りが静かになると、やたらと耳に付く。

寝ようとすると。
ブォーーーン、ブォーーーン、ブォーーーン、ブォーーーン、ブォーーーン…。
抑揚がある所がまたイライラを助長する(抑揚なくても嫌だけど)。
寝れない時には、全てがそれのせいな気がしてさらにイライラ度が増す。

浄化槽のブロアーが劣化したりすると異音が発生する場合がある様だ。
マメな点検が必要な様だが、恐らくしていないだろう。
昔は、異音が気になった覚えが無い。
音に気づいてからは、しばらく遠くの工事の音だと思っていた(遠くから聞こえる建機の可動音)。
その後、ふとトイレで用を足していると、窓の外から聞き覚えのある音が。
そして、発生箇所を突き止める。
建物の外に配置された一辺20センチぐらいの小箱二つ。
小さいくせにやたら振動音を発している。
音の発生箇所を知ってからは、余計に耳に付くようになった。

とりあえず、近くにあった、重量と大きさのあるセメントを混ぜる箱を被せたら、それが功を奏し、気にならなくなり半年経過。
しかし、ついこの間、それを使用するのか撤去される現場を丁度目撃、ぐぉー。

また異音発生。

ダンボールなどその辺にあるものを手当たり次第に被せたのですが、低音振動にあまり効果が無い、恐るべし低音振動、憎き低音振動。
ちょっとした拷問道具に使えそうだ。

電源を抜きたい衝動に駆られるが、それをすると後々大変な事になりそうなので止めて置く。

望むべくは、とっとと気づいてくれるのが良いんだけど、昼間しかいないから気づかないのだろう。

イライラゲージがMAXに達したら言いに行こう。

◆初恋限定。

前にも書きましたが、中々良い。
こっ恥ずかしい気分を味わえるだけも価値があると思うのだのだのだ。

最後にかかる曲がこれ。

オチでくぅーーーー(恥ずかしがり中)となった所に、グッドタイミングでかかるのだ。

◆ケンタとコーラ
DSC03328.jpg
posted by 妖怪尽くし at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする