2009年09月20日

GRWA2 ACT1-2


ハードを始めております。
やはり難しさ的にはハードからやね。
こそこそ壁づたいに行くのが楽しい、壁は頼もしい味方。

そして一日、1ステージクリア位を目標にプレーすると、無駄に集中力を発揮して面白い。
一気にやろうとするとプレーが雑になり、無駄に死んでイライラする悪循環。
こんな調子でプレイを続けたい。

act1-2.jpg
採掘工場かな。
兵士に先を行かせて、それに釣られて出てきた敵を撃った、ナイスコンビネーションに震えた。

◆PSP版「428」

のんびりと始めております。

◆アナゴさんのハピマテ

やっぱおもろい。
posted by 妖怪尽くし at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

蟹坊主-レタッチ-


kanibouzu.jpg
蟹坊主は、見せた方が思いつかなかったので、ベタに平家蟹風にしておりました。
しかし如何せん、蟹の背面に顔があるというのは、水木さんの蟹坊主と同じ。
同じと指摘されたら何も言えない。

水木さんの蟹は渡り蟹で、私は沢蟹という事で、差別化しておりましたが(それぐらいしか出せないっす)。

どうせなら何か違った形で見せたいという思いが常々ありました。
海洋堂の沢蟹フィギュアなんかも入手したりして。

今回、蟹の姿を丸ごと見せたい(水木さんの刷り込みかもしれない、第三期鬼太郎のEDにも出てたし)という呪縛から離れ、妖怪尽くしなりの蟹坊主ができたのでは無かろうか。
言われれば、蟹っぽい顔だねということで良いのだ。
蟹に似ているというナンチャンの顔も少しイメージ、主に頬骨。

千葉の民家にはこういった蟹の甲羅を飾る風習があったようです(撮影者は私)。
DSC04475.jpg
こんな良いモチーフを見ていたのに気付かなかった。
これは海の蟹で、私のは川の(略。
posted by 妖怪尽くし at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする