2010年01月29日

デジ一のゴミ


デジ一のCCDにゴミが入ったので、オリンパスのサービスセンターへ持ち込みを致しました。
持ち込みのゴミ取りは、これで三回目。
恐らくゴミが入ったのは、一回はモトクロス場で、二回目は、火渡り。
あと一回が思い出せない。

今回持って行ったら、係の人に規定内のゴミは取れませんと前もって言われる。
前二回は言われなかったのに。
そしてカメラが帰ってきたのですが、図付きで、こことここのゴミは規定内の為、取りませんでしたといわれた。
サービスセンターまで持って行って、取らないとはどういうことであろうか(もちろん他の目立つゴミは取ってくれましたが)。
今回は、時間がなかったので、とりあえず確認もせずに持って帰ってきました。

それと前は、こちらから何も言わなくても、完了したら電話をくれる段取りだったのに、今回は無し。
なのでこちらから言ったら、人数が少ないので、できないかもと言われる(結局、かかってきましたが)。
新年になって方針が変わったのであろうか。

今後もこんな対応なら考えものだ。

残ったゴミ(等倍切り取り画像)。
P129231.jpg
絞るとこれぐらいのゴミは普通に映るのであろうか。
posted by 妖怪尽くし at 22:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

滝平二郎展と早池峰の賦


九時半に出発。
時間が一杯一杯なのにいきなり人身事故による遅延。

何とか東京駅に到着。

東京駅周辺。
P1282283.jpg
P1282290.jpg
面白い建機。

ていパークにて滝平二郎の遺作展を鑑賞。
P1282292.jpg
きりえ自体もちろん良いのですが、構成力が考えられております、満足。

図録ゲット。
いままで買った滝平二郎の作品集に載っているやつばかりでしたが、文章にグッときたので。

版画は、正直そんなにグッとこなかった。
やっぱり、きりえだと思った。

絵本のきりえの並べ方が変、視線が進行ルート上を一旦戻るというのはどういう事であろう。
混んでないから良いけど、混んでいたら大変だ。

鑑賞後、歩いて隣の神田へ。
P1282296.jpg
神田川撮影。

オリンパスのサービスセンターに到着。
カメラを預ける。
なんだかサービス低下な気がした(後日、別に記す)。

カメラを預けている間、アウトドアショップでバックパックを見る。
良さげなバックがあった。

MILLET/ミレー ISOARD35、

外側に袋が何個か付いていて、頻繁に使うものを出し入れし易そう。
一番下のベルト二本要らない気がする。

ドイター トランスアルパイン30


私が、今使っている奴の新しいバージョン。
なかなかに正当進化。

この時点で13時20分。
次に鑑賞する「早池峰神楽の賦」の上演開始時間が14時。
地下鉄で最寄り駅の京橋へ。
P1282313.jpg

なんとか上映時間ギリギリの13時50分に東京国立近代美術館フィルムセンターに到着。
P1282314.jpg
会場に着くと、予想外の満席状態に焦った、汗が噴きでる。
席に着いているのは、ほとんど年配の方々。
皆さん、どこからこんな情報を仕入れてくるのであろうか。
結局、前から三番目の席に陣取りました(ということで、今現在、ちょっと首が痛い)。

で見るものは、早池峰神楽を扱ったドキュメント映画「早池峰の賦」。

内容ですが、派手さは無い地味な映画である、なので途中途中眠くなる、なんせ上映時間3時間。
だからといって悪いかというとそうではない。

とても良作。

後に何も残らない映画が多い中、こういった何ともいえない印象が残る映画は良いですね。

話が戻りますが、会場に付いて席を探したわけですが、何か呼びかける声が聞こえる。
気のせいかな、でももしかしたら郷土芸能関係な方が来ているのかと思ったら、まさかのヒロさんでした。
ヒロさんは、ここで他の日に公開された「山中常盤」も鑑賞しております(山中常盤は、岩佐又兵衛の絵巻を扱った映画)。

「早池峰の賦」鑑賞後、ヒロさんと近くのINAXギャラリーの「糸あやつりの万華鏡 -結城座 375年の人形芝居-」を見に行く。

図録販売所で「ゑびす大黒 -笑顔の神さま-」を発見。
いつの間にこんな展示をしたんだと家に帰り検索したら次回の展示会でした。
見に行くと思う。
図録も買う。

ゑびす大黒 -笑顔の神さま-
ギャラリー1(東京): 2010年3月4日(木)〜5月22日(土) 休館日:日祝日

INAXギャラリー後は、その目の前の居酒屋で茶をし帰宅しました。
posted by 妖怪尽くし at 13:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする