2010年02月03日

土偶展とうけら神事


まずは土偶展。
P2032347.jpg
プリミティブな造形魂に触れる。
良かったです。
展示数が少ない様に見えて、丁度、良いぐらいでした。
横360度グルリと見られて良いです、鑑賞者も前と後ろに分散するし(でも後ろを見る人はそんなにいない、勿体無い)。
土偶みたいなの、図工の得意な小学生が作りそうな気もする。

表慶館。
P2032386.jpg
木々の間からこんにちは。

常設展示をみて、それから頃合を見て、五條天神社へ。
すでに梅が。
P2032394.jpg
P2032402.jpg
40分ぐらい前に着いたのですが、最前は確保できましたね。
しかし今回は、背のびーる君(踏み台)で後方から望遠で狙う事にしました。
場所的には良かったと思います、特に文句も言われなかった、神経使ったけど(豆撒きの時は、さらに後方に下がりました)。

目的の方相氏登場。
P2032477.jpg
P2032461.jpg
しかし肝心の四つ目の上二つが、毛皮で隠れている、なんて骨体。

最後の最後、顔を少し上げた時にチラリと見えた程度。
P2032526.jpg
一年に一度なのだから出し惜しみは無しでござるよ。
一考の余地有り。
最前で見上げる形だったら見えたのかなぁ。

あと、雨も降ってないのにビニールの屋根は要らんと思う、すぐに撤去できるようにしてあるべき(と言っても長年で培われたスタイルだとは思いますが)。

これがうけら神事のうけら(薬草)。
P2032518.jpg
P2032557.jpg
匂いが漂っきたのですが、あれがこの薬草の匂いだったのか、おばさんの化粧の匂いだったのかは分からず仕舞いでした。

豆撒き。
P2032534.jpg
何故、豆やカラーボール如きで大の大人が地獄の亡者みたいになるのであろうか。
方相氏が矢を数本配っていたのですが、あれはちと欲しかったけど。

はい目線頂きましたー。
P2032548.jpg
ってこちらに親御さんがいただけですけど。
一人女の子で可愛かったです。

大体、行事にかかる時間は、大体1時間ぐらい。
最初の30分は、拝殿内で祝詞やらなんやら。
で残り30分でうけらの神事。

動画


帰りに上野ぶらり。

不忍池の弁財天。
P2032567.jpg
周りに高層マンションが建っていて、弁財天包囲網が完成されつつあります。

アメ横センタービルの地下へ。
トック(韓国のお餅)が欲しいので、ここに行けばあるかと思ったのですが、ここは殆んど中国料理の食材店でした。
普通の魚屋さんも中国人で、お客さんも中国人で、みんな中国語で話していて驚きました。
posted by 妖怪尽くし at 21:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする