2010年06月29日

大津、瀬田の唐橋


大津、瀬田の唐橋。
妖怪的には、藤原秀郷の大ムカデ退治が有名。
当時、瀬田川にかかる唯一の橋だった為、軍事的にも経済的にも要所であった。
そんな橋をおさえる為に数々の争いがあった事でしょう。

良い具合に陽が暮れてくれました、「瀬田(せた)の夕照(せきしょう)」です。
DSC02551.jpg
交通量が多かったです。

橋の近くにある藤太や竜宮の王を祀る龍王宮秀郷社。
DSC02556.jpg

橋の近くにあった看板。
DSC02503.jpg

石山の方の工事現場の壁にあった絵。
DSC02578.jpg
DSC02577.jpg
ムータン。

唐橋の近くにあったお地蔵さん。
DSC02490.jpg
posted by 妖怪尽くし at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

川越不動の骨董市へ


青々と茂る田んぼの苗。
P6284701.jpg
頭に流れるは「少年時代」


川越不動に到着。
P6284708.jpg
P6284711.jpg
P6284712.jpg
午後から雨の予報だからか、いつもに比べて人が少ない。
巡りやすいといえば巡りやすい。

風景。
P6284709.jpg
P6284713.jpg
P6284718.jpg
P6284716.jpg

佐渡ののろま人形ゲット。
DSC04449.jpg
DSC04447.jpg
前回、別のお店でも見つけたのですが、値段が2000円ということで、特に交渉することもなく終了。
今回、同じ店にあれば、先月、2000円でしたけど、値段下がります?と交渉しようかと思っておりましたw
しかしそのお店、今回は出店しておりませんでした。

そのかわりに、別のお店で発見。
今回もとりあえず値段だけ聞く、すると2000円とのこと。
2000円じゃ買わないなと思っていると、「いくらなら良いの?」と聞いてくる。
1000円なら良いけど、安くなって1500円ぐらいかな、それだと買わないなと思っていると、「どうせ1000円だって言うんでしょ?1000円で構わないよ」とのこと。

そこまで下げて貰っちゃ買わないでか。

ということで、ゲットと相成りました。
今回の空模様とか時間帯とか人の入りとか店主の気分とか、タイミングですな。

そして、買い物袋を持っていると、カメラをぶら下げた私に対する店主の目のキツさがなくなる^^;
撮影に対し凄い敏感になっている感じがする。
そんな中、若者が果敢に撮影していたけど、大丈夫だったかしら。
そういう私は、前回、魔法使いみたいなお婆さんに嫌味を言われました(今回もいたけど)。

そういえば、食玩的なもので凄いふっかけている店主がいたなぁ。
元がふっかけ値段なのに、ちょっと安くして、安くしたでしょと恩義せがましい。

昼は、本川越駅前のホワイト餃子で焼き餃子。
P6284725.jpg
初めて食べましたが、皮が厚い野菜餃子といった感じ。
ビールが進みそうです、今回は、水が進みましたが。
ただご飯のおかずにするには、肉も少なく、にんにくも入っていないのでパワーが足りないかなといった印象です。

帰りは、久しぶりにヴィレッジヴァンガードへ寄ろうと思っていたのですが、雨を警戒し、帰路に着くことに。

今回の自転車総走行距離は約14キロでした。
posted by 妖怪尽くし at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

日本伝奇伝説大事典 1986年 角川書店


日本伝奇伝説大事典 1986年 角川書店
DSC04437.jpg
DSC04439.jpg
DSC04438.jpg
大事典の名にふさわしい大きさと重さ。
posted by 妖怪尽くし at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする