2011年10月14日

棹懸り-下名栗の三匹獅子舞


花懸りと三拍子-下名栗の三匹獅子舞の続き。

さらに周辺を散策。
合図用花火の残骸が落ちてました。
P8285465.jpg
これが頭に当たったら痛い。

名栗川
P8285467.jpg
それにしても、川あり山ありで良いところですなぁ。
昔から飯能は良い所だと思っております、兎に角、泳げる川があるというのはポイント高い。
都心へも、そこそこアクセス良いです。

釣りの看板
P8285469.jpg
きっちりとした時間じゃないくて、「日の出」って所がアバウトで面白い。
ドブ釣りってなんだろうと思ったら、仕掛けの先にオモリが付いるのをそういう様です。

そんなこんなで「棹懸り」の開始です。
竹竿を川に見立て、それを中心に獅子たちが舞います。
女獅子は繊細に、大太夫は大胆に、小太夫はその中くらいに。
P8285484.jpg
P8285500.jpg
P8285505.jpg
P8285509.jpg
P8285519.jpg
P8285529.jpg
P8285545.jpg
P8285550.jpg
P8285554.jpg
P8285562.jpg
P8285566.jpg
P8285585.jpg
P8285605.jpg
川(竹竿)を中々渡らず(くぐらず)、焦らしに焦らしてくれます。
やっと渡った時の開放感が良いです。
獅子達も喜び踊り狂います。

周囲にいる、ささらを努めているのは女の子は小学校低学年ぐらいでしょうか。
ささらは、常に立ちっぱなしで、ささら(竹の楽器)を鳴らし続けます、夏の日にこれはかなり辛い。
そしてそんなささらをフォローするのも、ちょっと年上の女の子。
P8285595.jpg
常に気を配り、合間合間で、水分補給や団扇で扇いだりします
素晴らしい光景です。
ささらがいると場が一気に華やかになりますね、地味ですが重要なポジションだと思います。
顔を隠して怪しげな所もまたグー。

続きます。
posted by 妖怪尽くし at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

2011年10月13日のつぶやき


youkaizukushi / 妖怪尽くし
NHKの新日本紀行でやった妖怪特集の再放送。これはチェックだと妖怪クラスタが色めき立った。あの時は、どっぷり妖怪だった筈なのに、録画を残していないとは、俺は何をしていたんだ。今なら確実にDVDに残す。 at 10/13 01:03

youkaizukushi / 妖怪尽くし
『2011年10月12日のつぶやき』あぁ素晴らしき哉、我が人生?|http://t.co/OVqCLtvc at 10/13 01:25

youkaizukushi / 妖怪尽くし
まだ三回ぐらいしか使用していないガスバーナが点火しなくなった(しかも家のベランダでしか使用していないという)。でも販売店のメール対応、メーカー側の電話対応のおじさんも感じが良かったので無問題。人の感じのするサポートセンターは良いなぁ、それに比べてWILLCOMぅ。 at 10/13 13:34

youkaizukushi / 妖怪尽くし
気づいたら、妖怪サイト古参の妖怪愛好会 隠れ里のサイトが開けなくなっていた。 at 10/13 15:38

youkaizukushi / 妖怪尽くし
『下名栗の三匹獅子舞(花懸りと三拍子)』あぁ素晴らしき哉、我が人生?|http://t.co/78Uum0mu at 10/13 17:09

youkaizukushi / 妖怪尽くし
すき家か。高校時代にバイトしたけどキツかった。仕事をよく覚えていない状態で、すぐ一人になった。車通りの多い道端のお店で、人がどっと来る時もあるのに、調理もレジも一人。ご飯炊いたり、肉を煮込んだり。カレーだ鮭だ納豆だサラダだとメニューも多く、洗い物が溜まりーので混乱しました。 at 10/13 17:52
posted by 妖怪尽くし at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする