2011年11月21日

妖怪文化シンポジウム「京都と妖怪・魔界」へ行ってきた


昨日は、京都学園大学人間文化学部主催の妖怪シンポジウム「京都と妖怪・魔界」へ行って参りました。

会場最寄駅の目白駅。
PB209028.jpg
駅前から会場までの要所要所に道案内の方が立たれておりました、何という親切案内。

会場となる「目白ファッション&アートカレッジ」。
PB209029.jpg
目白駅のすぐ脇といった感じで、目の前のフェンス越しに山手線が停車しておりました。

会場内。
PB209033.jpg
ツイッターでは、中々人が集まらない感じで(私は直ぐ様、応募)、どうなるのかと思っておりましたが、当日を迎えてみれば、所々に空きが有るぐらいの入でございました。

さてシンポジウムの内容です。
「ひとくい地蔵」堀田穰氏
「古地図で巡る京都魔界」佐々木高弘氏(首切り馬の研究もなされているそうです)
「洛中洛外図屏風に見る京都の妖怪スポット」吉村亨氏
「とっておきの京都魔界案内」小松和彦氏

ツイッターにメモ代わりとして、気になったものをツイートしました。
間違った所があるかもしれないので、各自で要確認ですw

・ひとくい地蔵は、崇徳院地蔵の転訛。すとくいん→ひとくい
・桜塚は左府の塚の転訛。さふのづか→さくらのづか
・明治維新前まで白峰社は、崇徳帝殿社の名で祀られていた。
・佐々木高弘さんの古地図で巡る京都魔界という本が来年の夏頃に出るらし い。面白そう。
・犬狩りという職業があり、昭和30年頃まで京都の衛生局にそういう部署があったとか。
・一回の犬追物で消費される犬の数は百数十匹だったとか。  
・菖蒲合戦(印地打ち)追記、子供の合戦ごっこというにはあまりに激しい
・山中他界、海上他界
・鬼がつくった国日本。週刊宝石のグラビアだったのか。大判で見たかった 。 
・内側にもう一つの世界を作りだす。 
・諸国一見の僧のごとくに。地霊の声を土地の声を聞く。
・戻橋、ただ見ればコンクリの橋だが、まつわる話をしっていれば、意味深 い橋となる。
・芦ノ湖の月に一回の九頭竜社参りは生け贄の風習の名残。
・小松先生オススメコース。鞍馬から貴船に抜ける道。私も二回歩いた。

思えば高校生ぐらいの時分(1993年)に、NHK教育テレビ人間大学「日本人と異界」を睡魔に襲われながら見ていて、今回、こうして間近で小松先生の話が聞けたというのも感慨深いものです。
人間大学のテキスト本
DSC04826.jpg
今まで、小松先生といえば、低音ボイスの真面目な語り口調だったと思っていたのですが、今回の講演では、所々に冗談をまぶした実に軽快な語り口調で驚きました。

そして、小松先生のサインを頂きました。
DSC04828.jpg
「妖怪天国 小松和彦」

選んだ本は、高校生の時に本屋で何気なく手にとって、私をやんわりとこちらの方面に引きずり込んだ一冊「鬼がつくった国・日本」。
DSC04827.jpg
何かの区切りが付いた気がした私であった。
posted by 妖怪尽くし at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

2011年11月20日のつぶやき


youkaizukushi / 妖怪尽くし
『2011年11月19日のつぶやき』あぁ素晴らしき哉、我が人生?|http://t.co/tu0FRKgJ at 11/20 01:07

youkaizukushi / 妖怪尽くし
今日の昼は、池袋西武屋上で孤独のグルメごっこしてくるよ。「なるほど屋上か」 at 11/20 01:51

youkaizukushi / 妖怪尽くし
吉木りさか。ラジオで耳につく空笑いが聞こえてくると局を変えるレベル。 at 11/20 02:13

youkaizukushi / 妖怪尽くし
これが池袋西武屋上のおろしうどんか。 http://t.co/YIrVR9BZ at 11/20 12:01

youkaizukushi / 妖怪尽くし
まさに都会のオアシスであった http://t.co/ZHNY9LAK at 11/20 12:19

youkaizukushi / 妖怪尽くし
午後の昼さがり、のど自慢の鐘が鳴り響く at 11/20 12:39

youkaizukushi / 妖怪尽くし
ちょっと早く着いてしまった。 http://t.co/vgvQvVKW at 11/20 13:04

youkaizukushi / 妖怪尽くし
多田さんが凄い勢いでメモっている。 at 11/20 13:45

youkaizukushi / 妖怪尽くし
明治維新前まで白峰社は、崇徳帝殿社の名で祀られていた。 at 11/20 14:34

youkaizukushi / 妖怪尽くし
佐々木高弘さんの古地図で巡る京都魔界という本が来年の夏頃に出るらし い。面白そう。 at 11/20 14:38

youkaizukushi / 妖怪尽くし
ひとくい地蔵は、崇徳院地蔵の転訛。すとくいん→ひとくい at 11/20 14:42

youkaizukushi / 妖怪尽くし
犬狩りという職業があり、昭和30年頃まで京都の衛生局にそういう部署が あったとか。 at 11/20 15:02

youkaizukushi / 妖怪尽くし
一回の犬追物で消費される犬の数は百数十匹だったとか。 at 11/20 15:06

youkaizukushi / 妖怪尽くし
菖蒲合戦(印地打ち) at 11/20 15:12

youkaizukushi / 妖怪尽くし
小松先生キター。テレビの感じとは違う語り口調だ。 at 11/20 15:32

youkaizukushi / 妖怪尽くし
実に軽快な語り口調。 at 11/20 15:35

youkaizukushi / 妖怪尽くし
小松先生には何回か遭遇しているけど、こうして間近で話が聞けるのは感 慨深い at 11/20 15:39

youkaizukushi / 妖怪尽くし
山中他界、海上他界 at 11/20 15:43

youkaizukushi / 妖怪尽くし
鬼がつくった国日本。週刊宝石のグラビアだったのか。大判で見たかった 。 at 11/20 15:54

youkaizukushi / 妖怪尽くし
内側にもう一つの世界を作りだす。 at 11/20 15:56

youkaizukushi / 妖怪尽くし
京都は魔界だらけw at 11/20 16:01

youkaizukushi / 妖怪尽くし
諸国一見の僧のごとくに。地霊の声を土地の声を聞く。 at 11/20 16:09

youkaizukushi / 妖怪尽くし
戻橋、ただ見ればコンクリの橋だが、まつわる話をしっていれば、意味深 い橋となる。 at 11/20 16:14

youkaizukushi / 妖怪尽くし
芦ノ湖の月に一回の九頭竜社参りは生け贄の風習の名残。 at 11/20 16:18

youkaizukushi / 妖怪尽くし
小松先生オススメコース。鞍馬から貴船に抜ける道。私も二回歩いた。 at 11/20 16:31

youkaizukushi / 妖怪尽くし
魔界スポットのススメ的な私に合っている話でございました。 at 11/20 16:36

youkaizukushi / 妖怪尽くし
御霊システムは面白いよなぁ。東條英樹もおさまってしまいそう。 at 11/20 16:54

youkaizukushi / 妖怪尽くし
左府の塚、桜の塚 at 11/20 16:55
posted by 妖怪尽くし at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする