2016年03月04日

ウィンドウズ7の起動が遅くなった(解決済)


うちのPC、起動ディスクがSSDなのでウインドウの起動がめっちゃ早いです。
電源押して即立ち上がるという感じです(ちょい大げさw)。

だがしかし!

HDDを追加で内蔵したら、起動がHDD並に遅くなってしまったのです、30秒ぐらい。
あの早さに慣れてしまうと、この遅さはストレスマッハ。
追加で内蔵しただけなのに、なんで起動が遅くなるのだ。

「WIN 起動遅い」で検索すると、まさにそれを治す為のMS公式の更新プラグラムが出てきます。

コレか!!

と思ったら、すでに入れてましたOTL

どうにもならないので、しばらく放っておいたのですが、起動してから外付けHDDを認識するのが遅い事に気づく。
この外付けHDDを認識するのに手間取っているのは無いか?

そしてコントロールパネルの自動再生設定をいじったら、治ってしまいました。

原因は「自動再生」だったようです。

HDDを内蔵する時に、USB接続の外付けHDDを外したのがきっかけだろう。
USBを接続し直したら、それきっかけで治っていたかもしれません。

また発生する可能性もあるのでここに記しておく(もうWindows10にしてるだろうけど)。

Windowsの起動が遅くなったら「コントロールパネル」→「自動再生」で設定をいじる。
posted by 妖怪尽くし at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

2016年03月03日のつぶやき











posted by 妖怪尽くし at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする