2010年01月29日

デジ一のゴミ



デジ一のCCDにゴミが入ったので、オリンパスのサービスセンターへ持ち込みを致しました。
持ち込みのゴミ取りは、これで三回目。
恐らくゴミが入ったのは、一回はモトクロス場で、二回目は、火渡り。
あと一回が思い出せない。

今回持って行ったら、係の人に規定内のゴミは取れませんと前もって言われる。
前二回は言われなかったのに。
そしてカメラが帰ってきたのですが、図付きで、こことここのゴミは規定内の為、取りませんでしたといわれた。
サービスセンターまで持って行って、取らないとはどういうことであろうか(もちろん他の目立つゴミは取ってくれましたが)。
今回は、時間がなかったので、とりあえず確認もせずに持って帰ってきました。

それと前は、こちらから何も言わなくても、完了したら電話をくれる段取りだったのに、今回は無し。
なのでこちらから言ったら、人数が少ないので、できないかもと言われる(結局、かかってきましたが)。
新年になって方針が変わったのであろうか。

今後もこんな対応なら考えものだ。

残ったゴミ(等倍切り取り画像)。
P129231.jpg
絞るとこれぐらいのゴミは普通に映るのであろうか。

posted by 妖怪尽くし at 22:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オリンパスは、E-P1が馬鹿売れしたから、これからはマイクロフォーサーズがメイン。
お荷物のオールドフォーサーズ(笑)のユーザーなんて切り捨てたくてしょうがないんだよ。
アフターサービスなんてやってらんないのよ。

てのは冗談半分だけど。

取れないゴミってのは、ローパスフィルターの中か内側に入ってるゴミだと思う。
保障期間内なら修理対応してくれるかもだけど、製造過程でゼロにするのは難しいんだよね。
ゴミの写真は絞りいくつ?
よっぽど絞りたい時以外はF8以上は使わないようにするしかないかな。
あとレンズ交換はボディを下に向けてするとか。
あとペタペタ棒を買って自分で清掃するといいよ。

Posted by にらwonder at 2010年01月30日 00:59
多分、無料のサービスに手間をかけていられないのでしょうな。
人員も削減されたのかもしれません。
いっそのことCCD掃除無料を終りにすると良い(そうすると売りがなくなるけど)。

>オールドフォーサーズ
ペンタのK-7の大きさを見ちゃうと、フォーサーズの意味無い。
もうフォーサーズ、ダメポ。
まぁアフターケアに関しては、オールドもマイクロも関係無いと思うけど。

ローパスフィルターとか難しい事は言わず、小さいゴミは規定内(確かこう言っていた)なのだそうだ。
これ以上するにはお金がかかるとも聞きませんでした。
今度、行った時は、食い下がってみます。

まぁ普段撮影でそんな絞らないですけどね。
ちなみにゴミ画像のは最大のF22にしました。

こんなに頻繁にゴミが入る様なら、故障覚悟でペタペタ棒使います。
そんで壊れたら、それを機に他メーカーに乗り換えます。
Posted by ヒコ1号 at 2010年01月30日 01:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック