2010年02月24日

手負い蛇-レタッチ-



手負い蛇-レタッチ-
teoi.jpg
手負い感アップ。

何が大変って鱗ですよ、いつもの事ですが。
teoi2.jpg

posted by 妖怪尽くし at 20:39 | Comment(6) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色合いがすごくきれいですね*
赤が∩(^ω^)∩
とても好きです!

あくまで自分の意見ですが
蛇って絵にすると、
魅力的なんですよ(*´∀`*)

鱗...お疲れさまでした><
すっごい大変そうですw
Posted by 聖職者 at 2010年02月25日 20:39
ありがとうございます〜。
赤は、アクセントになって良いのですね。
着物の裾からチラリと見える赤。
人間の舌とかよくできたもんです。

私の妖怪絵で蛇の絵が好きな方、結構おられますよ。

鱗、一枚一枚調整でしているので大変です^^;
Posted by 妖怪尽くし at 2010年02月25日 21:56
綺麗だなぁ。年賀状に良さそう・・・って大分先すぎるw

にしても・・・最後の凄い・・・ゲームとかのモデリングかと思った・・・
Posted by Mint at 2010年02月26日 02:19
ありがとうございます〜。
しかし新年早々ズタボロの蛇の絵を送られても、何の嫌がらせかと^^;

線だけみると、3Dのワイヤーフレームみたいでカッコいいですよね。
Posted by 妖怪尽くし at 2010年02月26日 02:34
おお、次女の大好きな手負い蛇が、大分激しくほつれましたね〜!!

夜中に視線を感じ振り向いたら部屋の隅に蛇がいて、鎌首をもたげて威嚇してきたので、とっさに着物を被せて短刀で突き刺したら…
正体は女物の腰紐で、ほつれ目から黒髪がはみ出していた、っていうのが、杉浦日向子さんの百物語にありました。
それを思い出しました〜
Posted by べとべとさん at 2010年03月04日 14:15
>次女の大好きな手負い蛇
デザフェスで印象に残っております!
以前のだとボロボロ感が見にくいので、ボロボロ具合がしっかり見られる様にしました。

>百物語
良い話です。
そろそろもう一回読み直したいと思っております。
Posted by 妖怪尽くし at 2010年03月04日 16:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック