2006年11月22日

御嶽を巡る



神出鬼没な妖怪描き。
今日の出没スポットは、東京都は青梅市の御岳。
想像した以上に歩いた一日だった。

10:49、御嶽駅に到着。

山を登るには遅い時間ですが、これは玉堂美術館の開館時間である11時に合わせての事。
と思って美術館に行ってみたら、開館は10時からでした、おのれオレのガイドブック。
1時間早くても大丈夫だったのか、日照時間の短くなるこの季節の一時間は大きい、事実この後の予定に響いた。

美術館の前に、付近を散策。
この辺では美術館以外の目的は無かったのですが、川沿いが中々に素晴らしいスポットでビックリ仰天テンション上がる。



ひとしきり撮影した後、玉堂美術館へ。
玉堂さんの絵は、風情があって良いやね。

石庭。

素晴らしい。



そして、バスに乗って御嶽神社方面へ。


麓からケーブルカーが出ています。

しかし、私は乗らずに歩いて登る、徒歩と書いて"かち"と読む。
だがしかし、これが予想以上にきつかった、これからの予定を考えると素直にケーブルカーに乗れば良かった。

横を通るケーブルカー、中の人は手を振っていました。

こっちはそんな余裕がございません。

何とか上に到着。
すでにヘロヘロになりがら、宿坊立ち並ぶ中を本殿へ向けて進む。

馬場家御師住宅。




甘いものが飲みたいという事で、自販機でペプシ500mlを、10円高い160円。
仕方が無いなとボタンを押すと、出てきたのはペプシツイスト、罠だ、詐欺だ、普通のペプシが飲みたいんじゃ?。
ツイストって世良公良かっ、て思ったら帰りの電車で、世良さんのディナショーの車内広告を見ました。
まぁツイストもそれなりに美味かったですけどね。

本殿到着。


神社グッズ売り場前で昼食。
赤飯。

ここから奥の院に進む。

予想外に奥にあった。
足場も悪いし。
でも、ここは、みたけ山山岳マラソンのコースになっていた。
ひぇーこんなのがコースとは、一歩間違うと大変だ。

天狗岩。

鎖があって急な岩場を登れるようになっていた。
しかし、この時、すでに薄暗闇。
こんな時間に登る物好きはおらんよと思ったと同時ぐらいに裏から人が。
えー。

おじさんは、そのまま私を追い越して消える。

七代の滝。

滝の間近に行ってみたら、岩の裏にさっきのおじさんが居てビビる。
なにやら御神酒をお供えしている様でした。
天狗岩でもお供えしてたのかな。

この時、すでに辺りが闇に包まれてきた。
しかし、目的の道が見つからない。
滝の流れが落ち込む危険な場所に、知らぬ間に踏み入っていてあせる。
少し行ってみて、これはやばそうだと思ったので、引き返す。
先ほどのおじさんは慣れてそうなので聞いてみようかと思ったのですが、漂ってくるのは御香の匂い。
もしかして瞑想タイム?、そのまま滝行ってことはないだろうけど。
しかしこんな所で嗅ぐ御香の匂いは少し不気味でもある。
普段でも滝の辺りは怖いのに。
おじさんは、岩の後ろに居るので伺い知る事はできず、なにやら立ち入ってはいけない雰囲気なので聞くのは諦める。
結局、元来た道を戻る事に。
来る時に、やたら急な道を下っていたので、これを登るのは嫌だなと思っていた道を登る事になってしまった。
辺りはどんどん暗くなる。

やっとこささっきの天狗岩に到着。
すると天狗岩から杖をついたおじいちゃんと孫娘がひょっこり現れる。
そのまま二人は、私の進む道を先に行く。

あたりはすっかり暗いので、先導してくれる形になる、子供の水色の服が印象的です。
道はそれほど分かり難いわけではないが、一人で歩くよりは心強いのは確か。
すでにヘロヘロな私にとって、おじいちゃん、子供の歩くスピードは丁度良い。
少し間が開いたと思ったら、前方で立ち止まっている。
こんな闇の中、何をしているんだろと思いながらも歩く。
二人に近づいてくると。

おじいちゃん「来たか?」
こちらを振り向きもせず孫に問う。

孫娘「うんっ♪」
と答え、ピョンと乗っていた岩から飛び降りる。



私を待っていた?
そう聞こて、そう見えただよー。
そう思った方が面白いからそういうことにしておこう。

そのまま進むと、やがて森を抜けて明るい分岐点へ。
おじいちゃんが、私の行かないほうの道に陣取り、私を先に行かそうとする。

私「御嶽神社はこちらで?」

おじいちゃん「そう、今日は泊りで?」

私「いえ帰ります」

おじいちゃん「ケーブルカーは6時半まであるからまだ大丈夫だよ」

私「ありがとうございます」

孫娘は座ってこちらを見てました。

しばらく行って、もう歩けんと休憩所で私は休む。
先ほどの二人は神社方面へ。

休憩所には御札がたくさん貼られてました。


少し休んでから進むと、もう二人の姿は見えませんでした。
ありがたや、ありがたや。

もう辺り真っ暗で、足はヘトヘトなので、帰りはケーブルカーで降りる。
登りに使わず、降りる時に使うとは、とほほ。
ほんとは神社から日の出山の方に抜けて、つるつる温泉でつるつるになる予定だったのですがね、仕方が無い。

でそのまま帰宅?。

夕食、餃子。

posted by 妖怪尽くし at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | gooブログから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック