2011年04月06日

法雲寺の竜の骨(3/13)



3/13(日)の日記です。

この日は、原の天狗まつり(その時のBLOG)に続きまして、再びibuさん号に便乗し秩父方面へ行ってきました。

まずは秩父札所の法雲寺。

秩父の奥地にあります。
P3130307.jpg
P3130308.jpg
奇しくも原の天狗まつりが行われた場所に近い。
あの時は、夜に訪れたので、辺り一面、ディープなが広がっておりました。

最寄り駅の秩父鉄道「白久駅」。
P3130337.jpg
原の天狗まつりの時は、蛍光灯の白い灯りが寂しく灯っておりました。

法雲寺
P3130310.jpg
P3130334.jpg
P3130332.jpg
P3130314.jpg
P3130316.jpg
P3130318.jpg
P3130329.jpg
札所は、雰囲気が濃いぃ感じで好きです。

さて竜の骨。
一般公開してなかったらどうしようかと思っていたのですが、何と本堂前面の脇にそれ用のスペースができておりました。
P3130312.jpg
こんな風に展示されているとは予想外でした。
ナイス予想外、ナイス雰囲気、テンション上上。

竜の骨。
P3130313.jpg
歯が幾重にも生えていて凄い。

天狗の爪。
P3130321.jpg

楊貴妃の鏡。
P3130323.jpg

境内に池があったのですが、後でを見たら、そこから龍が昇天したという伝説もあった様です、全くのノーマークでした。

法雲寺を後にして昼食へ。

この時、後々、鼻が大変な事になるとは知らない私であった。

続く。


決定版 妖怪ミイラ完全FILE: 山口直樹: 本



posted by 妖怪尽くし at 03:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック