2011年09月18日

ぶらり静岡-鬼岩寺-



2011年8月27日訪問
ぶらり静岡-前編-の続き

郷土館で知った黒犬神社を見るべく鬼岩寺へやって参りました。
P8275012.jpg

境内にある黒犬神社へ。

黒犬神社
「遠州春野町、春埜山(はるなさん)がら、つかわされた神の犬(オオカミ犬)「くろ」をまつる。
今から230年ほど前、田中城主のわがままを正し自ら井戸に飛び込む。(黒犬物語の昔ばなし)右の供養塔は感謝と供養を願って、田中城主がみずから建てられたものであり
安産や子宝をのぞむ人、勝負の必勝を願う人、塔にかるくふれて一心にお願いしてください。(由緒書きより)」
P8275003.jpg

社内には、堂々とした黒犬像。
P8275013.jpg
P8275014.jpg
周りには、参拝者が祈りを込めて納めたのでしょうか、犬のぬいぐるみなどが。

黒犬の絵馬が納められております。
P8275001.jpg

またここには、鬼かき石という、なんとも堪らないスポットもありました。

鬼かき石
「むかしこの里に魔魅(悪鬼)出現、この岩にて爪を研ぎ、里人が悩ます。弘法大師はこれを聞き、真言秘密の法をもって巨岩に鬼を封じ込め、庶人を救う、よってこの名あり。(石の爪のあと見るべし)以来寺名、町名共に「鬼岩寺」と呼称せり。(巨岩は西の山に現存す)
この爪のあとを三回なで、心よりお祈りする人は願い事叶う。特に各種芸事上達は必勝なり(由緒書きより)」
P8275010.jpg
思いかけず、良いスポットでテンション上がりました。

一通り境内を見終わり、社務所で黒犬のお札をゲット(300円也)。
お札を渡す際、老僧侶がお札に向かい、印を結び、真言を唱えてくれました。
初めての出来事に驚いた。

次は夜泣き石へ向かいます。
後編に続く

鬼岩寺

大きな地図で見る

posted by 妖怪尽くし at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック