2014年05月09日

PC版「Far Cry 3」クリア



ゲームとして良くデキておりました。
80点はあげて良いかな(偉そう)。
最後にああいう展開になるとは思いませんでした。
中ボス的な存在を夢の中みたいな所で倒すのですが、あれが今だにどうなっているのか分からないw

ただ、なんだろうね、何か物足りない。
詰めの甘いFar Cry 2の方が何となく満足感があった。
Far Cry 3は親切設計が仇となっている感じ。

以下、Far Cry 2から親切設計になった所。

・セーブがどこでもできる。
これはやはり寝床でセーブできた方が生活感あって、その世界に感情移入できる。

・武器屋的なものが多い
各所にあるロッカーみたいな所で売り買いできるのは興醒めである。
ちゃんと人のいる武器屋で買い物がしたい。

・武器の消耗が無くなった
ゲームをやる側からすると面倒くさいけど、その面倒くささもゲームに入り込む要素となるのではなかろうか。
システムとして消耗してもメンテナンスできれば良いかな。

・アンテナを開放すると武器が無料でもらえる
アンテナは簡単に開放できるで武器を買うことはありませんでした。
やはり苦労して武器を買って大事にしたい。

・お金が貯まりやすい
普通にミッションをこなすぶんには困る事が無い。

・回復が楽
自分で治せる、これは甘ちゃん設定だ。
なおかつ回復薬になる葉っぱがそこらじゅうにある(せめて回復薬にするスキル習得ミッションがあっても良い)。

・あちこちに車がある
これでマップ移動してくれと言わんばかりに車が乗り捨ててある、興醒めである。

・各拠点をワープできる
楽すぎて興醒め。
今思うとFar Cry 2のバス停までいってバスでの瞬間移動は現実的で良かった。

・地図にアイテムの場所など詳細書きすぎ
自分で探す楽しみが減るし興醒め。

そんなわけなのか、途中で飽きるというか、世界にのめり込めなくなってしまいました。

突き放した感じが向こうのゲームの良さだったのですが(それが日本では受け入れられない要素なのですがw)、最近はそうも言っていられなくなったのか。

あと今回、難易度はノーマルでやったのですが、優しかったです。
向こうのノーマルは日本のハードというのが私の認識なのに。
気が向いたらハードでやってみたい、また感想が変わるかもしれない。

◆Far Cry 3の良かった所

・ゲームとして上手くまとまっている
Far Cry 2は、何か未完成感があった。

・敵拠点制圧で徐々に勢力範囲を広げる
Far Cry 2の時は、敵制圧しても、しばらくすると復活してしまい達成感がなかったでの、これは良い改善。

・サブミッションの動物狩り
中々に楽しかった。
ただ簡単だった(難易度をハードにすれば、やり応えがあるかもしれない)。

・草むらを移動してのステルス感が味わえる
Far Cry 2はすぐに発見されてしまうので、結局、撃ち合いで決着をつける。

posted by 妖怪尽くし at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック