2016年07月01日

Windows10からWindows7に戻す



Windows10にアップグレードして21日間ほど使用しましたが、ユーザビリティーの無さにストレスが溜まるので、Windows7へ戻しました(アップグレードしてから30日以内ならWindows7へ戻すことが可能)。

これでも歩み寄ろうとはしたのです。
まずフリーソフトを使って前の操作性にしようとしました。

・フォントが激しく見にくい
システムフォントが「Yu Gothic UI」というのに変更されたからだそうです。
あんな見にくいフォントでOKが出るのが分からない。
これは「Windows10 フォントが汚いので一発変更! 」というフリーソフトで前のフォントに変更して解決しました。
標準でこういう事ができないWindows10。

・フォルダの詳細表示が無くなった
Windows7では、ファイルを選択した時に下に表示される詳細表示が便利でした。
下部詳細.jpg
サムネイルと撮影日や時間などの細かいデータを見ることができます。

これも「OldNewExplorer」というソフトで表示できるようになりました。
ですが、表示されないものもあったりで困りました。

・画像右クリックでのプレビューが変
Windows7では「Windowsフォトビュアー」という軽いソフトで瞬間的に見ることができました。
しかしWindows10では、関連付けされたアプリで開かれます、フォトショならフォトショ。
普通にフォトショで開くなら右クリック「開く」を選ぶわけで、軽く開く為の「プレビュー」の意味が無い、これは完全にミスでは無いか。

と地味な事ですが、度々の事なのでストレスが溜まります。

というわけでWindows7に戻すことにしました。
Windows7に戻す際、OSの入っているドライブの容量が40ギガほど足りないという表示が出て困りました。
Windows10にする時は、他のドライブを利用することでアップグレードしたのに、逆の時はそれをさせてくれないのです。

色々と削除して空きを作りましたが40ギガには遠く及ばず。
諦めかけたのですが、またプレイするかもと入れてあった「バトルフィールド3」が40ギガほどあったので、仕方無く、それを削除。
そして、Windows7に戻すことに成功。

ただしWindows10の時にアンイストールしたアプリがしっかり削除されておらず、アクセス出来ない状態で残ってしまいました。
アクセス出来ない.jpg
ただでは逃がさないWindows10、恐るべしです。
敢えて言おう「クソ」であると!

Windows7は、一部を除き2020年1月14日までは引き続きサポートされるので、それが終了するまでにはPCを買い換えていることでしょう。

その頃にはWindows10が過去のものになっていることを祈ります。

追記
タスクスケジューラを開いたら「タスク イメージは破損しているか、または変更されています」というエラーが大量発生。

有志の方のタスクエラーを直すソフト「RepairTasks」であらかた解決。
数個エラーが残りましたが、これはWindows10に依存しているものかと。
簡単に元のWindows7に戻せると思ったのですが、そうでは無いようです…。

参考ブログ「Windows10からWindows7に戻したら日本語入力ができなくなった場合の対処法」
http://www.one-x.co.jp/technicalnotes/software/os/windows/windows10windows7IME.html

posted by 妖怪尽くし at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック