2020年02月09日

Wi-FiのAとG



Wi-Fi接続には、接続名の末尾にAとGのやつがあります。

それぞれの違いを検索すると下記の違いがあるそうで。

・A
利点は、他と干渉しづらい周波数帯を使用しているため安定した通信が可能。
弱点は、障害物に弱く、距離が遠くなるにつれて電波が弱くなる

・G
利点は、障害物に強く遠くまで電波が届く。
弱点は、電子レンジや電話機など電波を発生する機器と電波干渉を起こしやすい。

私はお風呂場で動画を見る際、なんとなくAの方で見ていました。
これで特に問題なかったのですが、説明をみると、Gの方がより安定しそうなので、Gの方にしてみました。
しかし全く繋がらなくなってしまいました、障害物に強い筈なのに何故という感じです。

しかもGに関して、全く疑問を持たなかったので、なんでだろうとずっと思ってました。
そして、なんとなくもう一つのAに繋げてみたら、なんの問題もなく動画が見られるではありませんか。

つまり状況によっては、障害物があってもAの方が良い事もあるということです。

これでお風呂での動画視聴が前のようにできるようになりました。

繋がらない場合は、それぞれを試してみるのが良いですね。



posted by 妖怪尽くし at 22:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。