2016年03月04日

ウィンドウズ7の起動が遅くなった(解決済)


うちのPC、起動ディスクがSSDなのでウインドウの起動がめっちゃ早いです。
電源押して即立ち上がるという感じです(ちょい大げさw)。

だがしかし!

HDDを追加で内蔵したら、起動がHDD並に遅くなってしまったのです、30秒ぐらい。
あの早さに慣れてしまうと、この遅さはストレスマッハ。
追加で内蔵しただけなのに、なんで起動が遅くなるのだ。

「WIN 起動遅い」で検索すると、まさにそれを治す為のMS公式の更新プラグラムが出てきます。

コレか!!

と思ったら、すでに入れてましたOTL

どうにもならないので、しばらく放っておいたのですが、起動してから外付けHDDを認識するのが遅い事に気づく。
この外付けHDDを認識するのに手間取っているのは無いか?

そしてコントロールパネルの自動再生設定をいじったら、治ってしまいました。

原因は「自動再生」だったようです。

HDDを内蔵する時に、USB接続の外付けHDDを外したのがきっかけだろう。
USBを接続し直したら、それきっかけで治っていたかもしれません。

また発生する可能性もあるのでここに記しておく(もうWindows10にしてるだろうけど)。

Windowsの起動が遅くなったら「コントロールパネル」→「自動再生」で設定をいじる。
posted by 妖怪尽くし at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

VideoStudioを使用する際のBandicamの設定


Bandicam(バンディカム)でゲーム画面をキャプチャし、その動画をVideoStudio(ビデオスタジオ)で編集する際の設定です。
設定が上手い具合にマッチしないと、キャプチャされた動画ファイルがVideoStudioで上手く読み込めなかったり、作業動作を軽くするプロキシファイルが作成されなかったりするのです。
プロシキファイルが作成されないのは地味だけと凄く辛い。
色々思考錯誤して、全ての問題をクリアする設定に行き着きました。

下記が私の設定となります。
persimmons_ca87_bz88-img600.jpg
名称未設定-2.jpg
posted by 妖怪尽くし at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

VideoStudio(ビデオスタジオ)の起動不可回避方法


ビデオスタジオを起動しようとしたら、ビデオスタジオが立ち上がらない。

何回やってもダメ。

調べると、2016年2月10日に行われたWindowsのアップデートが問題ということが判明。
最後の手段であるシステムの復元をしようにも、すでに書き換わっていて戻れず(システム復元に割く容量が少なかったので、これを機に増やしておきました)。

万策尽きた!

これはマイクロソフトがビデオスタジオの対策を待つしかないのか!?

諦めかけたその時、アップデートのファイルを個別に選択して削除できる事を知る。

コントロールパネルから「プログラムの機能」選択。
VideoStudio1.jpg

左上の「インストールされた更新プログラムを表示」を選択。
VideoStudio2.jpg

Windowsアップデートでインストールされたファイルが表示されます。
VideoStudio3.jpg
この中から「KB3126587」「KB3126593」の2ファイルを削除してください。
※この画像はすでに削除されてます。

「KB3126587」、「KB3126593」どちらか一つ残っているとビデオスタジオは起動しません。

再起動すればビデオスタジオが無事に起動できることでしょう。

数日後にビデオスタジオから公式にアナウンスがありました。
http://corel.bbssonline.jp/support/support_info/vsp_and_windowsupdate.html

ちなみに発生からすぐ(2016/2/11)にビデオスタジオのサポートに直接メールしましたが、2016/2/19、未だに返答がありません(`・ω・́)

ソフトウェア側の対策が待たれます。

追記
パッチが公開されました。
Corel VideoStudio X8.5 HotFix 2
X8(その他のバージョンはプルダウンメニューから選択)
http://corel.bbssonline.jp/index.php?id=2231

メールの返答はなし(2016/2/27)。
posted by 妖怪尽くし at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする