2010年11月13日

わたしの妖怪体験記 河本真紀 データハウス


わたしの妖怪体験記 河本真紀 データハウス 1993年
DSC04779.jpg
DSC04780.jpg
DSC04781.jpg
SC04782.jpg
「妖怪の秘密 妖怪とは何て愉快な存在なのでしょうか。わたしにとって妖怪は憎めない悪友のようなものです」(帯より)

ある日、高校生だった私の目の前にひょっこり現れた妖怪本。
高校生でこれを購入する俺って一体…。
ちなみに「鬼がつくった国・日本」と同じ棚にあった。

著者の河本氏は、この頃から妖怪研究家を名乗られていたのですな。
河本氏は、その後、どうしているのであろうか、妖怪界の謎の人物である。

この本には、妖怪の等身大造形物が多数掲載されております。
妖怪を等身大で作る、素晴らしい。
この造形物は、どこが作成したのであろうか。
数体が伊豆の方にあるとか。

怪しさ含め、妖怪への熱が溢れた、私は好きな本です。
posted by 妖怪尽くし at 14:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

「天狗推参!」神奈川県立歴史博物館


「天狗推参!」神奈川県立歴史博物館 図録
DSC04748.jpg
DSC04749.jpg
DSC04750.jpg
DSC04751.jpg
DSC04752.jpg
DSC04753.jpg
判が大きい、一枚の図版も版の大きさを生かして大きく、掲載数も多い。
テキストも豊富。
お値段1200円。
これはオススメの図録です。

※今、博物館のHPを見たら「残部僅少」の文字。
急いだ方が良いかもしれません。
増刷もあるかもしれませんが、妖怪系の図録は、売り切れで二度と姿を見る事が無い事が多い。
posted by 妖怪尽くし at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

不思議の旅ガイド 日本幻想紀行 人類文化社


不思議の旅ガイド 日本幻想紀行 人類文化社 2002年
多田 克己 (著), 村上 健司 (著)
SC04724.jpg
DSC04726.jpg
DSC04727.jpg
これは買って損なしの一品です。
紹介場所が多く、カラー写真も多く掲載されております。
これがまた良い写真が多いんです。

妖怪スポット巡りの初心者にオススメ。
私もこれ持って全国各地に飛びました(なので本が少しボロボロ)。

オマケ
DSC04725.jpg
この絵は、私が描いております〜。
posted by 妖怪尽くし at 13:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする