2009年02月25日

E-620


去年の11月にE-520を購入したわけですが、出ましたE-620。
そろそろ出るだろうとは思ってはいたが、気持ち早かったぜ。
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/e620/index.html
中々に要望が取り入れられている感じ。

まぁ今後、動画撮影の追加と液晶改善を期待する所です、今回、この点でちょっと心穏やか。
昔は、静止画のカメラに動画なんて要らないだろなんて思っていたのですが、簡単に動画がアップできる動画投稿サイトがある今は、必要な機能となってしまいました。
あとは、高感度時のノイズ減少、白トビ防止とか(まぁこの辺は、永遠に付いて回りそうなので仕方が無いですが)。

しばらくは、E-520で行きます。

◆ 映画「ウォーリー」鑑賞
最後は、「ウォーリー頑張れ」って手に汗握って見ただよ。

機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル
サイトを見ながら、やはりジムスパイナーかな、ガンタンクは無いなとか、脳内シミュレーションをしていた俺がいる。

「ZUIKO DIGITAL 70-300mm F4-5.6」コントラストAFに対応
ハイスピードイメージャAFが可能なオリンパス製交換レンズは下記の通り。

ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 II
ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8
ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4-5.6
ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4-5.6
_____________________________
私が持っているレンズ二本が入っている。
何か良さそうだ。
posted by 妖怪尽くし at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | gooブログから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

地域伝統芸能まつり(2日目)


前日に引き続き「地域伝統芸能まつり」へ。


今回の席。

前日よりちょっと遅れた為か三階へ送られる。
しかし下手に二階の奥より、三階の張り出し部の方が良い様な気がした。
一番は、一階よりも、二階の張り出し部の三列目ぐらいだと経験上思う。

今日の上演芸能
___________________________________
地域伝統文化・芸能 火伏せの虎舞 宮城県/加美町
地域伝統文化・芸能 隠岐国分寺蓮華会舞 島根県/隠岐の島町
地域伝統文化・芸能 六斎念仏踊り 京都府/京都市
古典芸能(狂言) 「菌」 山本東次郎ほか
古典芸能(舞楽) 「採桑老」 東儀俊美、十二音会
古典芸能(新作能) 「河勝」(作:梅原猛) 大槻文蔵、梅若玄祥、茂山千之丞ほか
地域伝統文化・芸能 花みこし 岐阜県/美濃市
___________________________________
火伏せの虎舞、獅子舞の虎バージョンといった趣。
虎の数も多く、屋根に登ったりと派手で良かったです。
顔が猿っぽいので、鵺にも見えた。

隠岐国分寺蓮華会舞、前にドキュメントを見ていたので、感慨も一入である。
天国の前会長に届けとばかりに気合がみなぎって居た様に見える。
小さい子供が大きな舞楽面を被ってピョンピョン跳ねる姿は、異質感があり良かった。

六斎念仏踊り、前に青年会館で見た事がある。
鉦の音のチンコンカン、チンコンカンがテンションが上がる。
ジメッとした日本の夏に合う感じ。
小さい子(三歳児と五歳児)は、反則だが可愛い、ちゃんとしていたし。

狂言「菌」、キノコが実に可愛い。
キノコの擬人化ですな。

舞楽「採桑老」、爺のキャラが良かった。
如何せん、雅楽の音は、眠りの世界に導かれる、ピヤー。

新作能「河勝」、どうなんだろうね、イタズラに「新幹線」とか今様な事を取り入れても興醒めで台無し。
笑いを取る安易なサービスにしか見えない。

花みこし、今更みこしかと思ったのですが、これが中々どうして良かった。
原始的な大太鼓の音に、純粋にテンションが上がる。

帰りは、つけ麺がモガーと食べたい気分になったので、渋谷の「つけ麺大臣」へ


もちろん特盛、680円也。

つけ麺欲求は、満たされた、しばらく良いです、うぷっ。

ブレードランナーみたい。

立体映像はまだかいな。

◆フジ「ザ・ノンフィクション・山のバカヤロウ!!登山家栗城史多」
良かった。
無謀そうに見えるけど、無謀だったら生きて帰ってこれないわけで、ギリギリの所で堅実なのであろう(一旦、途中で引き返してきたりするし)。

しかし危うさがプンプンしている。

まぁベテランの登山家でも亡くなってしまうわけで、登山とはそういうものなのであろう。
それでも登るのは、やはり「そこに山があるから」に尽きるのではないだろうか。

http://kurikiyama.jp/

◆アニメ「ソウルイーター」今日放送分
良かった。
やはり当分、ミフネには勝てんな、気合で勝ったらどうしようかと思ったよ。
ミフネが導いてくれるのか?
posted by 妖怪尽くし at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | gooブログから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

地域伝統芸能まつり(1日目)


昨日は、地域伝統芸能まつりへ行って参りました。
今月は、郷土芸能づいている。

原宿駅から歩く。


NHKホール


今回の席は、こんな感じ。

郷土芸能を見るのに普通だったらこの位置はあり得ない、どんだけ広い土地だって話です(笑。
郷土芸能は、身近に楽しめるのもポイントです。
まーー止むを得ない。

本日の演目。
___________________________
地域伝統文化・芸能 一人角力 愛媛県/今治市
地域伝統文化・芸能 因幡の傘踊り 鳥取県/鳥取市
地域伝統文化・芸能 箱根仙石原湯立獅子舞 神奈川県/箱根町
地域伝統文化・芸能 銀鏡神楽 宮崎県/西都市
古典芸能(能) 「葵上」 塩津哲生ほか
地域伝統文化・芸能 真野音頭 新潟県/佐渡市
地域伝統文化・芸能 加賀鳶はしご登り 石川県/金沢市
地域伝統文化・芸能 山北棒踊り 高知県/香南市
___________________________
トップは、一人角力(ひとりずもう)、稲の精霊を相手に相撲をとります、さしずめ相撲といった所でしょうか。
笑いをとっておりました。
あれだけ場を持たせるのだから大したもんだ。

続いて因幡の傘踊り。
途中、棒術の様なものが入る。
装飾された傘が揃って動く様が綺麗でした。

箱根仙石原湯立獅子舞、前に獅子フェスで見た。
獅子頭を被り、体は、そのまま人間、獅子ヘッドだ(と心の中で思っておりました)。
如何せん、湯立てを見るには遠すぎる?。

銀鏡神楽、見たことの無い神楽で新鮮でした。

真野音頭、老いも若きも、それぞれに応じたお地蔵さんを背負って踊ります。
結構、好き。

加賀鳶はしご登り、緊張感あってよかったです。

山北棒踊り、緊張感あってよかったです。
あ互いに棒を打ち合った時に、打ち合った棒が滑って、持ち手に当たっていないかハラドキ。

妖怪的には、「葵上」が良かった。
静の動を感じた(知った風に言ってみる)、いやしかしそれを感じたら断然楽しめました。

会場が会場なので、触りを楽しむといった感じですねぇ。

帰りは、ぶらっと原宿。

「M&M'S」おっとそれはチョコだ、「H&M」を覗いてきました。
posted by 妖怪尽くし at 02:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | gooブログから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする